妊娠体質になる5つのセオリー

赤ちゃんが欲しい、妊活している人に妊娠しやすくなる5つのセオリーをご紹介します。

基礎体温を有効に生かす

妊活の基本である基礎体温。
でも、基礎体温を測るのが面倒でやめてしまった人って多いのではないですか。
基礎体温計ってもな・・・って気持ちもありますよね。
多くの医師が妊活に基礎体温を計るようにと指示しているように、基礎体温でいろんなことが見てきます。
あなたの体に隠れている授からない理由が見えてくることもあります。
ちゃんと理由がわかれば対策があるんです。
自分の体を知るためにも基礎体温を測ることは大切です。
でも面倒って方にこんな体温計はいかがでしょう。

楽天でも買える、オムロンの体温計です。
10秒で計れるので、朝起きた時に口にくわえて10秒横になっているだけです。
目覚めてもすぐ起きれないって方は絶対できます。
あとはスマホのアプリで管理できるので、記録するのが面倒ってこともありません。
思っている以上にデーターが取れる基礎体温を計ることは妊活の第一歩です。

体を温め冷え性を改善する

体の冷えが授かりにくい体になっているって事もあります。
体温が低いと子宮の環境が悪くなって妊娠しにくくなってしまいます。
冷え性だと思われる方は、まず、冷え性を改善することが大切です。
最近注目されているのは運動や太りすぎなどの他に、ミトコンドリアです。
ミトコンドリアは細胞の中にあるエネルギーを作り出す機関。
機関というより、遠い昔に細胞の中に取り入れられたもう一つの生物と言われています。
ミトコンドリアの活性が下がると体温が下がり、冷え性になると言われだしています。
ミトコンドリアを活性化するにはミトコンドリアの活性を促すサプリメントを取ることがおすすめです。

食べるものを変える

生きるということは食べるということ。
食べることで体ができているので食が大切であることは誰もがわかっていることですよね。
でも、好き嫌いが多かったり、必要な栄養を取り切れなかったりとなるもの。
妊活に必要な栄養素で忘れがちな点をご紹介します。
まずは、ビタミンを採ること。
卵子は人間の細胞の中で最も大きな細胞です。
細胞である以上老化します。
卵子の老化を遅らせるために抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEを取ることが大切です。
もう一つ、妊活というと女性をイメージしますが、授からない多くの原因は男性側にあります。
男性は亜鉛を採ることで精子の運動量を活発にして、ちゃんと卵子までたどり着くことが可能となります。
楽天でも購入可能なDHCのサプリは手軽でおすすめです。

心を整えてストレスを解消する

女性の体はデリケートです。
ストレスでホルモンのバランスが崩れるだけで妊娠しにくい体になることもあります。
心のバランスをとって、ストレスを感じないように工夫することが大切です。
心的な要因はなかなか解消が難しいのですが、イライラの原因の一つにタンパク質不足があると言われています。
タンパク質は、肉や大豆などから摂取することができます。
肉では太ることはありませんので、思いっきり食べることでイライラしにくい心を手に入れましょう。
タンパク質の効果を助けるためにビタミンB6をプラスすると効果的です。
DHCのサプリは楽天でも薬局でもリーズナブルに購入できて便利ですね。

骨盤の形を整え子宮のゆがみを直す

子宮は赤ちゃんのゆりかご。
子宮が大切なことは言うまでもありません。
子宮環境は、骨盤の歪みと関係しています。
お尻の大きな人は安産であると言われます。
安産であることもありますが、実は妊娠しやすいのです。
ただお尻が大きいといっても、脂肪で太っているのではなく、骨盤が安定していて大きいくないとだめです。
骨盤が歪んでいると子宮も歪んでしまいます。
子宮が歪むと卵子が着床しにくくなります。
つまり妊娠しにくくなるので、骨盤を整えるようにストレッチすることが必要です。
いかがでしたか。
妊娠をしやすい体にするために試してみることはたくさんあります。
まずは焦らずに、じっくりと授かるのを待ちましょう。